2012年01月30日

ありがと本

ありがと本
知ってますか?

家にある古本を売るとそのお金が寄付されるというシステムです。

本棚を整理したいけど、ブックオフでは二束三文だし、ちょっと思い入れもある本をなかなか手放せない、という方はありがと本を試してみてはどうでしょうか。

私の寄付金額は54冊で580円、25冊で450円でした。
段ボール箱2つで千円位。
バリューブックスが一割ほど高く買い取ってくれるようです。

児童書とか写真集もあったので、それらが直接被災地に行ってくれたら嬉しかったんだけど、そうではなくて、売ったお金が寄付されます、。
寄付する先は候補の中から自分で選べます。私は、東日本大震災の時に説明会に行ったピースボートにしました。以前は被災地への寄付に限定されていたけれど、今はいくつかの中から選べるようになっていました。

やってみようかな、と思ったら
まずは
インターネットで「ありがと本」を検索して、サイトから「承諾書」をプリントアウトします。

承諾書にサインをします。

サイトに書いてある0120で始まる電話番号に電話して取りに来てもらう日時を決めます。

ダンボール箱(紙袋でもいいと思います)に本を詰めます。5冊以上は送料がかからないので、4冊の人は一冊増やしましょう。

ダンボール箱の中に承諾書を入れます。

宅急便やさんが取りに来ます。

「おねがいします」と言って本を渡しましょう。

おしまい。

後日、あなたの本はいくらで売れました。そのお金はどこどこに寄付されました。という手紙が来ます。

ダンボールに入れる時に、ついつい隙間を埋めたくなって文庫本などを入れてしまうんだけど、そういうときは何となく太っ腹、気持ちが大きくなってどんどん詰めてしまいます。

でも、詰める作業も、宅急便やさんに渡す時も、手紙が来た時も、何となく少し嬉しい。です。
posted by こおに at 00:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

声から伝わる感情

年末から今年にかけてインターネットやクレジット関連で電話やメールで問い合わせをすることが多々ありました。

電話での対応、、最初はとても丁寧できちんと対応してくれることが多かったのですが、途中で、私がちょっとわからなくなって、こういう意味ですか?というようなことを言い始めると、丁寧ながらもイラっとした感じが伝わってきました。

相手の丁寧な口調は変わらないだけに、その微妙なイライラ感、こちらに伝染してきます。
「だって、そっちの説明がわかりにくかったんですよ」と言いたくなる。

けれども、ここでけんかを売ってもこちらの不利になるだけなので、気が付かないふりをして、わかるまで何度も聞きます。

で、ようやく要件が終わり、すごく丁寧に電話終了。最初と最後はとても丁寧。でも、私の評価は「う〜ん。まだまだこれから。人間的に成長してね」。

その点、日本人ではない方の対応(私の場合は全て中国人でした)は、最初からつっけんどんでそっけない。
やはり、パソコン関連の相談窓口だったと思いますが、「ああ、これじゃあ、普通の日本人だったら怒っちゃうだろうなあ」と思いながら、私も最初からぐいぐい聞いていきました。

相手は、ぐいぐい聞かれても、へこたれることもイライラすることもなく、最初と同じあっさりした口調で、答えてくれます。
取りつく島もない対応に、こちらもへこたれずに聞くと、親切にいろんなことを教えてくれたりして、「いいやつじゃん」と思えてきます。
途中で「中国の方ですか」と聞くこともありましたが、それに対しても人間的な反応があって、そういう電話を切った後は「がんばってね。技術的に成長してね」と思います。

留学生に関わっているという仕事の影響や日本人に対する期待の大きさも関係していると思いますが、人間的な暖かいつながりが垣間見えるのと見えないのとでは、こちらの心持も違ってくるのかなあと思います。

先日、新聞で「声から伝わる感情」というのを取り上げていたように思いますが、その中に出ていたテストで「嫉妬の感情」をも読み取った学生がいたとか。

声だけの情報、、なかなか侮れません。
posted by こおに at 12:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

お久しぶりです

ブログが更新できなくなって1年以上経っていました。

その間、東日本大震災があり、新しい年が明けました。

最近、ブログが更新されないけれど、どうしたの?という連絡をくださった方々、
本当にありがとうございます。
その声を受けて、あきらめていた手続きに再度チャレンジし、
シーサーブログに何度も何度も問い合わせ、

紆余曲折の結果、ようやく、ようやく、こうして更新できました!
バンザイ!

できなかったことができるようになるって、本当に嬉しいことだと実感しています。

今年もよろしくお願いいたします。
posted by こおに at 20:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。