2013年06月25日

選挙が終わって

都議選が終わりました。

結果に驚いたのは、かつての都知事選と同様です。

うるさい選挙カーはいつものことで、連呼する名前を覚えて
「この人には入れないでおこう」と思うのですが、
今年は<(`^´)>と思う事がいくつもあり、「入れないでおこう」という人が何人も
おりました。

入れないでおこうその1
家に電話がありました。非常勤をしている勤務先からの電話だったので何事かと思ったら
「息子が〇〇地区(私が住んでいる所)から出るのでよろしく」というものでした。
所属も違う全く知らない人からでした。名簿をこういうことに使っていいの<(`^´)>

入れないでおこうその2
私への郵便物がありました。ひとつは高校の同窓会名簿、ひとつは勤務先の教員名簿を使ってのものです。
同じ高校を出ている、同じ勤務先の関係者であるという理由では私は投票しません<(`^´)>

入れないでおこうその3
駅前の応援演説。「今、〇〇党の代議士が応援にいらっしゃいました」と身内に対して敬語を
使ったのを聞いて、いや〜な気持ちになりました<(`^´)>

入れないでおこうその3
「その3」と同じ人なので「その3」です。
選挙カーがバス停と横断歩道の間の白い斜線がひかれているところに駐車していて、バスも他の車も前に行けなくて朝のラッシュ時に軽い渋滞ができていました。私は反対車線のバスの中からずっとそれを見ていたんですよ〜<(`^´)>

入れないでおこうその4
街中での演説。(都内ではないので候補者じゃないかもしれませんが)候補者?はスタイルもよくとてもきれいな女性でした。応援している男性陣は「32歳弁護士」を連呼していました。ついでに独身って言えばよかったのにと思える連呼でした。独身かどうかはわからないけど。
「32歳弁護士独身」いや「32歳独身弁護士容姿端麗才色兼備」中国語みたいです。
私は人を待ちながらその様子を見ていたのですが、20分間彼女の声を聞くことができずでした。ようやく彼女の声が聞こえた時は、声が小さくて何を言っているのかわからず残念。

以前、選挙ポスターのきれいな女性をじっと見てから投票会場に入った男性を見ているし、候補者の容姿に影響がないとはいいませんが、すごくきれいな人やホスト風の人がいると有権者が馬鹿にされているような気がします。
それから、宗教関係の方が選挙の前になると電話をしてきたり、家を訪問してくるのは腹立たしいと同時に悲しい気持ちにもなります。

震災ボランティアで一緒になった大学生から「投票してください」という電話があった時は、懐かしさとみんなで会おうというお誘いかなという嬉しさがあっただけに、悲しい気持ちになりました。電話番号教えちゃったんだという軽い後悔も。「投票する人は私が自分で考えて入れるのでこういう電話はもうしないでほしい」と伝えましたが、母親の様子を見ているとなかなかそういう訳にはいかない場合もあるようです。

私は政治に関わる人には品性を求めます。
今回の選挙では国選の前哨戦だということを考えて投票しました。
政治にも社会にも短期間での大きな変化には期待せず、時間をかけてじっくり成熟してほしいと思います。
それには我々が政治を育てていくという気概が必要なのだと思います。




posted by こおに at 22:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
選挙、がっかりでした。
まず、投票率。
どうしたらいいのでしょうかね。どうしたら
いいのかなあ。

いろいろ、こおにちゃんの言うとおりですね。
票を獲得したと思っている党も、投票率を確認してほしい。

ほんと、どうしたらいいのか…
Posted by かお at 2013年06月26日 06:40
投票率が下がると組織票が入る党が有利ですもんね。

私はいわゆる無党派だと思うけど、この党には入れたくない、というのはある。

これでオリンピックが決まろうもんなら(イスタンブール、頑張ってほしかったのになあ。なぜに今デモ!)もっともっと勢いがついちゃうんじゃないかな。

参議院で何とかしないと、これから先後悔するのは国民だものね。目先に惑わされない考えを身につける教育!
教育に予算をもっといっぱいつけてきちんと考えることができる人を育ててほしいよ〜
Posted by こおに at 2013年06月26日 21:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。