2014年04月05日

下を見て歩く

歩くとき、顔を下にして歩くことが
とんと多くなりました。

背中が丸くなったからかもしれないけれど
何となく足元が不安だからだと思います。
転ばないように
足元から先30p〜1mくらいに目を落としています。

歩きながら
あ、花が咲いているとか
セミの抜け殻見つけたとか
いろんな発見をするのが得意だったのに
今は歩くことに集中集中。

転んで膝小僧に傷、痣を作ってから
一層慎重になりました。
その時は本当に痛くて、「大丈夫ですか」と聞かれて
「すごく痛いです」と答えてしまいました。
大人なのに。
「うぇ〜ん」って泣きたくなるくらい痛かったので
もうあの痛さは味わいたくないのです。

今度は、何かにぶつかってしまわないように
気を付けます。

posted by こおに at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。